経営コンサルのノウハウを凝縮した一冊

 

世の中には、『資料作成』をテーマにした書籍が溢れています。

どの書籍をみても見栄えの良いグラフの掲載とともに、資料作成におけるグラフの重要性が記述されています。しかし、実際にそれらのグラフを作成しようと思っても、どのように作成してよいのかについて説明がなく、作成ができません。

そこで、弊社では、Excelグラフの作成方法をテーマにした書籍を発刊することにしました。

いずれのグラフも実務で即戦力となるグラフばかりです。

ぜひ、Excelグラフ術を使って、あなたの資料をパワーアップさせてください!

 

本書を読めばこんなグラフが作れます

 

 

経営コンサルタントの一生使えるExcelグラフ術

 

 

なぜ、経営コンサルが「グラフ」の本を?

 

「なぜ経営コンサルがグラフの本を?」

そう疑問に思う方がいらっしゃるかもしれません。
実は、経営コンサルは、資料作成のプロフェッショナルでもあるのです。
多くのビジネスパーソンにとって、資料というのは、営業や資金調達といった目的を達成するためのツールでしかないでしょう。しかし、経営コンサルにとっては、資料はそれ自体が商品です。資料を作ること自体に報酬が発生するのです。

経営コンサルが資料作成において重視するのが「情報の整理」と「情報の伝達」のふたつです。これを叶えるために活用するのが「グラフ」なのです。

つまり、経営コンサルにとって、「伝わるグラフ」を作れるかどうかは死活問題。だからこそ、弊社はグラフ作りを大切にし、そのノウハウを日々蓄えているのです。

 

本書はこんな人に読んでもらいたい

 

『18.6%』。この数値は、グラフの作成にこだわりを持っているビジネスパーソンの割合です。

 

 

 

 

 

 

 

 

いまやグラフ作成はビジネスシーンにおいて必須のスキルです。とりわけ情報を整理して確実に伝えるためには欠かせないでしょう。しかし、前述したとおり、グラフの作成スキルに自信やこだわりを持っている人は18.6%に留まっているのが現状です。

Excelを使えばボタン一つで簡単にグラフの作成ができますが、そこに少しの工夫を加えれば、より効果的なグラフに変身します。

本書は、「グラフは作れるけれど、特段のこだわりを持っていない方」や「グラフ作成に苦手意識を持っている方」を対象としています。

 

 

ご購入はこちらから