弊社は「実験」を重視しています。

経営コンサルは、お客様に「結果」を提供する職業です。提案した内容で結果がでるかどうかは、実際にやってみなければわかりません。まずは、その実験台に弊社自身を使っているのです。多くの試みは失敗していますが、数少ない成果が今の弊社を支えてくれています。

実験のほとんどは今や「跡形」もありません。「中小製造業が海外販路拡大のためにgoogle広告を使ったサービスを開発できないか?」や「SNSを活用した飲食業の集客サービスを開発できないか?」などという『サービスの開発』を中心に行っているためです。

ここでは、数少ない「形に残った失敗作」をご紹介したいと思います。

 

 

ゲームアプリの開発

ゲームアプリです。Unityを使用して制作しました。App StoreやGoogle Playの審査を通過し、ストアを通して配布していましたが、現在は公開をストップしています。

 

 

 

 

LINEスタンプの販売

ハンドボールのLINEスタンプです。「LINEスタンプが企業のブランディングに活用できるのではないか?」という仮説のもと、制作しました。ハンドボールをテーマにした理由は、ニッチな分野であると思ったためです。LINEスタンプ自体は、とてつもない数が公開されています。そのなかで真正面から勝負しても勝てないだろうと。結果として、公開から数年経った今でも、毎月、数個は売れています(毎月、数百円程度の収入ですが…)。

 

※画像をクリックするとLINEの購入ページに移行します